■■2016年度のテーマ■■

エネルギーアイランドプロジェクト

~未来の洋上風力発電所を設計せよ~

 

Mission

 

Mission-Eの舞台となるのは2020年のオリンピック開催地の東京湾沿岸地域。そこにある80,000世帯分電力を洋上風力発電で賄うのがエネルギーアイランドプロジェクトです。80,000世帯に必要な電力は68,000 kw、本プロジェクトで建設する風力発電機の出力は7,000kw、およそ10基の風力発電機を稼働させる事が必要です。
そこで今回、参加者の皆さんには、東京湾岸地域に適した浮体式洋上風力発電所を設計モデルの作成を行い、さらに建設適地の検討まで行って頂きます。2020年、東京湾沿岸を洋上風力発電で照らしましょう!

 


 

参加チームは、以下の開発条件バランスよく満たす、新しいエネルギーアイランド提案します
今回は実際の大きさの1/250サイズ
浮体式洋上風力発電所の模型を開発東京海洋大学の本格的な造波装置付水路を使用してコンテストを実施します。コンテストは、風車による発電量だけではなく、コストや環境面を含めた総合得点で競います。

 

■■■ 開発の条件 ■■■


 ・模型のサイズは規定された範囲内におさめること
 ・十分な風があるときに、風力発電機の能力を十分に引き出せるように 

  すること
 ・風や波に一定以上流されないようにすること
 ・波や風で倒れたり、壊れたりしないよう、安定性と強度を十分に確保

  すること
 なるべく費用をおさえること
 ・実際に海へ設置する際に必要な環境配慮や漁業との共生について

  もアイデアを加えること

 

■2016年度スケジュール

2016年度参加校

 

エネルギーアイランドプロジェクトは、

関東中学校・高等学校が参加しています。

 

中高生チーム)             (大人チーム)        

・栄北高等学校チーム         ・新日鉄住金エンジニアリングチーム
・埼玉県立秩父高等学校チーム   

・桐蔭学園
中学校 女子部チーム  

・東京都立戸山高等学校チーム   
・日本体育大学柏高等学校チーム

 

TOPICS

エコロジープラントプロジェクト

~排熱を使った、未来の工場を設計せよ~

 

Mission

 

2015年12月12日、第21回国連気候変動枠組条約締約国会議
(COP21)で結ばれたパリ協定
日本は2030年度までに温室効果ガスを、2013年度比26%減を目標として宣言しました。今回のMission-Eの舞台となるのは2025年の日本、宣言した2030年まであと5年。持続可能な社会を実現するため、エネルギーを効率よく利用する必要があります参加者の皆さんには、身の回りにある様々な廃熱を熱源の機能を損なうこと無く効率的に活用する方法を創り出して頂きます参加者の皆さんのアイデアが、世界のエネルギー問題を解決するかもしれません。

 


 

参加チームは、以下の開発条件をバランスよく満たす「排熱を使用する、未来の工場」提案します
今回はPC
一つの工場と見做し、廃熱を利用したエコロジープラントの模型を開発ます

 コンテストでは、PCを稼働させながら、そこから発生する廃熱を利用し、熱効率に加えて開発費用を考慮した総合得点で競います。

 

 

■■■ 開発の条件 ■■■ 

 

熱源として工場の廃熱を利用すること
工場の機能は維持すること
廃熱となっているエネルギーお客様期待する仕事ができるように

 変換すること
・なるべく費用をおさえること

 

 

 ■2016年度スケジュール

 

2016年度参加校

 

 

エコロジープラントプロジェクトは北九州

中学校・高等学校が参加しています

 

(中高生チーム)             (大人チーム)

・上智福岡中学高等学校チーム   ・新日鉄住金エンジニアリング

・西南学院高等学校チーム        チーム                       

・福岡県立鞍手高等学校チーム   ・リバネスチーム
・福岡舞鶴高等学校・

 福岡舞鶴誠和中学校チーム


・7/27 関東地区 2016年度任命式を開催しました

・10/16 関東地区 中間イベントを開催しました

・3/20 関東地区 最終コンテストを開催しました

・8/28 九州地区 2016年度任命式を開催しました

・11/19 九州地区 中間イベントを開催しました

・3/25 九州地区 最終コンテストを開催しました





 

お問い合わせ

 

(株)リバネス 吉田、立花、瀬野

Tel:03-5227-4198、Fax:03-5227-4199

E-mail:ed@lnest.jp

 

当社窓口

ichikawa.takeshi.2cc@eng.nssmc.com  または  namura.atsuko.8cz@eng.nssmc.com